白い歯

歯科で歯の病気を完全治療|デンタルの健康を守り隊

歯が黄ばむ原因

聴診器

1989年にアメリカで開発使用されたホワイトニングの方法は多くの人の歯を白くキレイにする事が出来る、画期的な方法でした。今までの自前の歯を傷つけて行う治療ではなく、また自然の歯を差し歯に変える必要もなくなったのです。しかしいくつかの問題もあります。それが個人でホワイトニングの効果が違ってくること、歯科医院で行ったホワイトニングの効果は永久ではないことです。確かにこの治療方法で多くの人間の歯を白くする事が出来るようになりましたが、効果には個人差が生じる事が分かっています。しかし、これは仕方がない事かもしれません。

何故なら、元々人間の歯は全部が白い訳ではなく色素の問題から個人で色の違いが出ています。また効果が永久ではないのも個人差が関係しており、ホワイトニングを行うには特殊な薬剤を使う必要があり、その薬剤は色の濃い食事、特にコーヒーやワインなどの色の着いた食事に弱く、歯の色が元の色に戻ってしまうといった事が多々あります。大体ですが、効果の持続期間は1年程と言われており、色の濃い食事を好む方、または喫煙者はもっと早くに効果が切れてしまう可能性があるのです。

町の中で見かける歯科医院の看板に「審美歯科」、「矯正歯科」、「ホワイトニング」といった言葉を見かける事があると思います。歯には様々な悩み、そして問題があります。最近ではその問題を専門の歯医者が治療を行う風潮があり、歯科業界も分業と細分化が進んでいます。歯医者では虫歯の治療だけをするところといった考えを持っている人もいますが、歯医者では虫歯も治療してくれる場所なのです。